清水エスパルスロゴ

ENGLISH

ニュース

【キャンプレポート】2/2(金) 鹿児島戦マッチレポート

【キャンプレポート】2/2(金) 鹿児島戦マッチレポート
©S-PULSE
「練習した形を出せず、キャンプ練習試合は黒星スタート」

鹿児島キャンプに入って初めての試合は苦いものになった。

13時から、ふれあいスポーツランドで行われたJ3鹿児島ユナイテッド戦。カテゴリーの違う相手との対戦ということもあって慎重になりすぎたのか、なかなか積極的な形を見せられない。相手が後方からゆっくりとパスを回しているのに対して、エスパルスはボールをなかなか奪うことができなかった。

それでも、1本目にフォワードに入った鄭大世が、19分には増田誓志の右サイドからクロスにヘディングで、21分には北川航也のスルーパスを受けて右足で、また30分には松原后のクロスに再び頭で合わせるなど、チャンスがなかったわけではない。鄭大世は「自分がチャンスを決めていれば」と試合後に悔やんでいたが、ヤン ヨンソン監督は、それよりも「リズム」や「連係」というワードを多用して試合を振り返っていた。これまでの練習レポートに記していたように、キャンプに入ってからチームとして最も取り組んでいたのは、後方からのビルドアップ。相手ディフェンスの間に入り込んだ選手にパスを出すか、そこが無理ならサイドの選手に出す。その確認を、ある時はダミー人形を使って、ある時はゲーム形式で取り組んでいた。しかし、その場面を作り出すことができなかった。「いくつか良い連係はあったと思うが、数は足りていない」(ヨンソン監督)というように、まだまだ徹底されてはいないようだ。

試合は41分、エスパルスの左サイドを崩され、まさかの先制を許す展開。鹿児島にとってはファーストシュートでもあり、1本目唯一のシュートが失点となってしまった。攻撃の形が上手くいかなかったとは言え、全体としてはエスパルスのペースだっただけに、もったいない失点となった。

8人が交代した2本目。開始早々に、前線のミッチェル デュークが頭で落としたボールを石毛秀樹が振り抜くも、わずかにゴールの右に外れる。一方、21分には相手にPKを献上するというピンチを迎えるが、ここは六反勇治がスーパーセーブ。相手のシュートをキャッチして、ここを凌いだ。その後、長谷川悠のヘディングシュート、石毛の直接フリーキックなど、相手ゴールをかすめるが1点が遠く敗戦。「今日の試合を点数で現すと?」という質問に「良く言っても50点くらい」と答えるなど、ヨンソン監督の表情も優れなかった。

※その他写真は、ページ最下部をご覧ください。

========================================
公式モバイルサイトでは、キャンプ期間中、オリジナルコンテンツを続々配信中!!
エスパルスのキャンプ情報はモバイルサイトでお楽しみください♪

【キャンプコンテンツ】

薩摩日記
三保日記の薩摩篇。選手達の素顔に迫ります!
選手フォトギャラリー
モバイルサイトオリジナル!キャンプ中の選手の表情を余さずお届け!!
エスパルグラム
写メはもう古い!?ということで名前も一新!若手選手達がキャンプ中のオフショット写真を激写しまくり!
キャンプ動画
今年チームに復帰した石毛選手が自らチームメイトのキャンプ部屋に潜入!
蔵出しキャンプフォト
最終日公開!!普段見れない選手の顔が盛りだくさんの蔵出しキャンプフォト!


●【PCで閲覧の方』
エスパルス公式モバイルサイトへのアクセス方法はこちら


●【スマホで閲覧の方』
2018鹿児島キャンプ特集モバイルサイトはこちら

●【ガラケーで閲覧の方』
2018鹿児島キャンプ特集モバイルサイトはこちら

========================================
©S-PULSE
©S-PULSE
©S-PULSE
©S-PULSE
©S-PULSE
©S-PULSE
©S-PULSE
©S-PULSE
©S-PULSE
©S-PULSE
©S-PULSE
©S-PULSE
©S-PULSE
©S-PULSE
©S-PULSE
©S-PULSE
ニュース一覧

あなたにオススメのニュース