清水エスパルスロゴ

試合情報

puline 試合に向けたチームの取り組みをチャック!

明治安田生命J1リーグ 第16節  2020.09.12 Sat 18:03 IAIスタジアム日本平

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

HOME

1

  • ティーラシン デーンダー(79分)

試合終了

  • 0前半2
  • 1後半0
DAZN

2

  • エヴェラウド(29分)
  • 土居 聖真(32分)
ロゴ:鹿島アントラーズ

鹿島アントラーズ

AWAY

清水エスパルス

Line-ups

39 GK 大久保 択生
13 DF 宮本 航汰
24 DF 岡崎 慎
2 DF 立田 悠悟
15 DF 金井 貢史
17 MF 河井 陽介
20 MF 中村 慶太
37 MF 鈴木 唯人
30 FW 金子 翔太
10 FW カルリーニョス ジュニオ
16 FW 西澤 健太

Substitutes

1 GK 西部 洋平
7 MF 六平 光成
28 MF 西村 恭史
40 MF 成岡 輝瑠
11 FW ジュニオール ドゥトラ
14 FW 後藤 優介
23 FW ティーラシン デーンダー

鹿島アントラーズ

Line-ups

31 GK 沖 悠哉
37 DF 小泉 慶
39 DF 犬飼 智也
28 DF 町田 浩樹
5 DF 杉岡 大暉
20 MF 三竿 健斗
4 MF レオ シルバ
7 MF ファン アラーノ
11 MF 和泉 竜司
8 FW 土居 聖真
9 FW エヴェラウド

Substitutes

1 GK クォン スンテ
16 DF 山本 脩斗
6 MF 永木 亮太
25 MF 遠藤 康
26 MF 荒木 遼太郎
41 MF 白崎 凌兵
36 FW 上田 綺世

STATS

    45 90   90 45    
    2 3 5 シュート 16 7 9    
    7 9 16 GK 4 2 2    
    3 4 7 CK 5 3 2    
    6 2 8 直接FK 13 9 4    
    2 0 2 間接FK 0 0 0    
    2 0 2 オフサイド 0 0 0    
    0 0 0 PK 0 0 0    
後藤 優介 ← 金子 翔太(58分)
ジュニオール ドゥトラ ← 西澤 健太(58分)
六平 光成 ← 金井 貢史(68分)
ティーラシン デーンダー ← カルリーニョス ジュニオ(76分)
成岡 輝瑠 ← 河井 陽介(76分)
交代 (63分)エヴェラウド → 上田 綺世
(63分)土居 聖真 → 荒木 遼太郎
(70分)和泉 竜司 → 白崎 凌兵
(70分)ファン アラーノ → 遠藤 康
(82分)レオ シルバ → 永木 亮太
警告・退場 (17分)犬飼 智也画像:イエローカード
(65分)荒木 遼太郎画像:イエローカード

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
4,774人 晴/弱風 27.4℃ 66% 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 追加副審
難波 邦雄 西村 雄一 山内 宏志 鈴木 規志 日比野 真

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
ピーター クラモフスキー監督

・切り替えて頭の中をポジティブに

・全体をコンパクトに

・前半の良い時間帯を思い出せ

鹿島アントラーズ
ザーゴ監督

・プレーの強度を決して落とさないこと

・メリハリをつけてプレスをかけよう

・後半開始からしっかり入り、3点目、4点目を狙っていこう!

COACH COMMENT

ピーター クラモフスキー監督

良いパフォーマンスは出せていたと思うが、結果は残念なものになってしまった。ただ、選手たちは献身的に、自分たちのサッカーを出そうと戦ってくれたと思う。2失点してしまったのは、集中が切れてしまったところもあった。

――竹内涼、ヘナト アウグストを休ませた理由は?

まずタイトなスケジュールだったという点がある。彼らの体を休ませなければいけないのと、フレッシュな選手を使って、彼らにも自分たちのプレーを出す機会を与えたいと思った。またヘナトに関しては腕の怪我があり、8ヶ月ほど離れていたこともあるので、彼の試合時間のバランスを考えなくてはいけないこともあった。

――6連敗となったが、連敗が止まらないことに対してどう思うか?

選手にとってもファン・サポーターにとっても残念だと思うが、戦い続けること、ブレずにやることだと思う。

――2失点とも自陣で奪われての失点だったと思うが、どうすれば防げたか?

もう少しボールを安全に扱わなければいけなかった。簡単な失点をしてしまったこと、そして数分間で失点してしまったことは残念だった。2失点によって、試合の中で自分たちがやらなければいけない課題が増えてしまった。その前の時間帯は、自分たちやりたいような形で試合をコントロールできていたと思うが、相手が決定的なチャンスを決め切ったのは相手がよくやった点だと思う。それによって、自分たちにとっては厳しい戦いになってしまった。その中でも、選手たちは気持ちを出して戦ってくれたと思うし、チャンスも作れていたし、良いフットボールも出来ていた。勝ち点3が取れていてもおかしくなかったかもしれない。このような状況だがハングリーに、モチベーション高くやって、ここを切り抜けていきたい。サッカーの中では、重要なものがある。それは情熱だったり、献身的なところだったり、自分たちの特徴を出すこと。そういうものは持っているので彼らと一緒にこの状況を乗り越えていきたい。

PLAYERS' COMMENTS

画像:ティーラシン デーンダー

ティーラシン デーンダー

交代で入って気合が入っていたが、ちょうど良いボールが来て、決めることができた。ただ、その時に嬉しい気持ちはなかった。なぜなら、まだ1点のリードを許していたから。もう少し、自分たちのサッカーを続けなければいけなかった。また毎日の練習でハードワークをするところからやっていかなければいけないと思う。

3試合、自分の名前がメンバー表に入っていなかったのは残念だったが、今日出場して、開幕戦以来のゴールを決めることができたことは良かったと思う。これからもっともっとチームに貢献したい。
画像:鈴木 唯人

鈴木 唯人

最近はチームが勝てていなかったので、「やってやる」という姿をチームメートにも見せなければいけないと思っていた。それを一番に考えて、周りに刺激を与えられるようなプレーをしようと意識して試合に入った。

前半のシュートは、前を向いてチャンスがあれば打とうと思っていた。(アシストの場面は)「ゴール前では落ち着いてプレーしろ」と色々な人に言われているので、強引にシュートを打つのも良いが、あの場面で冷静になって落ち着いてやろうと思ってパスを選択したことが良かったと思う。

前半は顔を出してボールを引き出していたが、ミスもあったので、そこを減らさなければいけない。次は、もっとゴールに顔を出しながらプレーしていければ良いと思う。あとは若い自分たちが、もっと鼓舞すること。そのために、まずは自分がチームに良い影響を与えられるように日々やっていきたい。