清水エスパルスロゴ

クラブ概要

「わかちあう夢と感動と誇り」

  • エスパルスは、スポーツを愛する人々に支えられる地域のシンボルとして、夢を創造しつづけます
  • エスパルスは、サッカーを通じて多くの人々と感動をわかちあい、地域スポーツ文化の発展に寄与します
  • エスパルスは、正々堂々と情熱をもって戦い、地域の誇りとなる最強のチームを目指します

MISSIONエスパルスの目標像

市民が作り育て、地域の発展とスポーツ文化の振興に貢献し
サッカーを愛する少年たちに夢を与える、世界レベルのプロサッカーチーム

スローガン

エスパルスはいま、勇気が試されている。
「変わる!」という勇気だ。
これまで積み上げてきた歴史の重みを大事にしつつ、
真っ直ぐ前を向いて新しい時代をつくるために。
変化を自らの力で起こして、これまでにない進化を目指せ。
アイデンティティであるエンブレムをアップデート。
クラブもチームも新しく生まれ変わるシーズン、
エスパルスを再形成するのは、いまだ。

RE-FRAME

過去の枠にとらわれない、輝く未来を形づくるクラブチームへ。
強いエスパルスこそが、王国静岡を蘇らせる。
変貌したエスパルスが、2020シーズンを動かす。

ロゴ:スローガン2020

S-PULSE×DESIGN

画像:クラブデザイン

新しいユニフォームとあわせて、 2020年からこのオレンジを浸透させる活動をスタートします。
ファン・サポーターの皆様と一緒にスタジアム、 静岡・清水をオレンジで染め上げたい。
清水エスパルスは 静岡・清水に根付いたクラブとして「わかちあう 夢と感動と誇り」という理念を大切に、
これからもサッカーを通じた地域への貢献を続けていきます。
エスパルスが今後より一層多くのファン・サポーターの方々に愛されるクラブであるために、
そのような思いで、今後も精一杯の取り組みを推進して参りますので、
引き続き、どうぞ熱いご支援を頂ければ幸いです。

LOGO

ロゴ:クラブロゴ

チームロゴマークは、エスパルスオリジナルの書体であるS-PULSE DRIBBLEフォントを使って表現されています。力強さの中にも、正々堂々としたスポーツマンシップを表現するデザインです。

EMBLEM

ロゴ:クラブエンブレム

このエンブレムはエスパルスが長く用いてきた富士山のモチーフを形状を磨き、富士山としての印象を強く出せるようにデザインされています。3本のブルーの縦縞についてはエスパルスの理念である「夢・感動・誇り」を意味します。S-PULSE DRIBBLEフォントをあしらったクラブ名は、大きくはっきり真っ直ぐに表示して、スポーツマンシップを表現しました。中心に配置される地球のシンボルについては、形状を磨き、大きく表示。クラブの活躍が世界に通じていることが表現されています。

MASCOTチームマスコット

写真:マスコット

サポーターに愛されるエスパルスのマスコットキャラクター「パルちゃん」、「ピカルちゃん」をご紹介します。

プロフィール紹介

S-PULSE×HOMETOWN

Jリーグ百年構想

市民クラブであるエスパルスは、プロサッカーチームの運営だけでなく、Jリーグの掲げる「百年構想」に基づき、ホームタウンに対し、スポーツの振興やスポーツ施設の整備に貢献することはもちろん、市民の皆さんが豊かな生活を送るひとつの核となるよう自治体と協調して事業を進めてきました。
1995年8月にエスパルスは、清水市(現静岡市)との間で「清水市と清水エスパルスとの交流事業に関する申し合わせ」に調印(新「静岡市」となるにあたり改めて調印)し、地域行事への参加、後援会への人材派遣、地域サッカー大会への協賛など様々なステージで市民クラブとして市の活性化やまちづくりに貢献してきました。ホームタウンを離れてエスパルスは存在しえませんし、ホームタウン清水市(現静岡市)にとってもエスパルスはまちづくりの要であり続けました。

国際交流

2002年の日韓ワールドカップにおいては、ロシア代表チームのキャンプ誘致に協力し、エスパルスとの練習試合や市民との交流が実現しました。その後も、サハリンから少年チームが訪れ「全国少年少女草サッカー大会」に参加するなど、サッカーを通じた市民レベルの国際交流が生まれています。また、エスパルスがアジアチャンピオンズリーグに進出することで韓国、中国、サウジアラビア、香港、タイ、ベトナム、モルジブなど多くのアジア諸国を代表するクラブが清水市(現静岡市)を訪れ、エスパルスが多くの市民を観戦招待するなど国際交流と地域情報の海外への発信に大いに貢献しました。

静岡を代表するクラブとして

2003年4月に静岡市と清水市が合併し、以後新「静岡市」がエスパルスのホームタウンとなり、新「静岡市」を代表するプロサッカークラブとして地域経済の活性化、市民の健康増進、文化意識の向上につとめています。エスパルスの試合の運営は、地域のボランティアにも支えられており、自治体・企業・一般市民からなる約200名の方々が、チケットもぎり、身障者対応、ゲート案内、場内案内などの業務にあたっております。このようにエスパルスは市民と一体となってスポーツ(サッカー)を通じたコミュニティーづくりに取り組んでいます。エスパルスにとって、市民がわがまち静岡を愛し、誇りと感じるような都市づくりの核となることができれば幸いです。

社 名 株式会社エスパルス
英文社名 S-PULSE CO.,LTD
代表取締役社長 山室 晋也
現社名営業開始年月日 1998年2月1日
(株式会社エスラップ・コミュニケーションズより営業権の譲渡を受け、
清水エスパルスの運営を目的に新会社として営業を開始)
住 所

本社
〒424-0901 静岡県静岡市清水区三保2695-1
TEL:054-336-6301 FAX:054-336-1141

サッカースクール事務局
〒424-0037 静岡県静岡市清水区袖師町1492
(エスパルスドリームフィールド内)
TEL:054-361-1156 FAX:054-363-5515

資本金 55,000万円
事業内容 サッカーその他スポーツ競技の興行およびその仲介
サッカーその他のスポーツ選手の養成および指導の施設ならびにその団体の経営
前各号に関連するテレビ放送番組、雑誌、出版物、キャラクター商品の企画、制作ならびに販売
プロサッカー選手のマネージメント業務
広告事業
スポーツ施設の経営および受託運営ならびに管理
その他
関連施設 エスパルスドリームフィールド清水
エスパルスドリームフィールド静岡
エスパルスドリームフィールド駿東
エスパルスドリームフィールド藤枝
エスパルスドリームフィールド富士
エスパルスドリームハウス清水
エスパルスドリームハウス静岡葵
エスパルスドリームハウス静岡駿河
エスパルスドリームハウス駿東
エスパルスドリームハウス藤枝
エスパルスドリームハウス富士
エスパルス栄誉賞 清水エスパルス在籍中の活躍や貢献が著しかった選手・監督・スタッフに対して授与し、その功績を称える賞。原則として移籍・引退・退任等でクラブから離れる際に表彰する。

(1)表彰状、賞金、記念品
(2)年間ADカードの贈呈、年間駐車券の贈呈
(3)肖像写真の掲出

【選定方法】
下記の選定基準を満たす者の中から選考委員会(会長が指名した選考委員からなる)推薦に基づき決定

・選定基準
 清水エスパルスとしての公式試合出場数が200試合以上。(国際Aマッチ、オールスターサッカー等含む)
 その他、エスパルス在籍中に著しい活躍、貢献があったと認められる者。

《これまでの受賞者》
 1999年 ステファン・ジョン・ペリマン氏、長谷川健太氏、堀池巧氏
 2000年 カルロス・サントス氏
 2002年 大榎克己氏
 2004年 真田雅則氏
 2005年 澤登正朗氏
 2010年 伊東輝悦選手、市川大祐選手
 2014年 齊藤俊秀氏